So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

花粉症でお悩みの方必見!花粉症改善プログラム「花粉バスター」  [花粉症]

【残念なお知らせ】

春の訪れと共に、花粉が一気に飛び始めました。

しかも「残念なお知らせ」として、

2014年春の花粉飛散量が発表されましたが、

今年も例年より花粉飛散が多い年となる見込みだそうです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~      
→ http://changerion.info/k/fqramvM9


現在約2,000万人以上と言われている花粉症。

実に日本人の6人に1人が花粉症を患っているのです。

まさに今を生きる我々の誰もがなりうる、国民病です。

新しく花粉症になる方も一気に増え、予備軍も含めると

その数は2~3倍に膨れ上がると予想されています。

→ http://changerion.info/k/fqramvM9


花粉症の方にとっては本当に厳しい2014年。

原因に関しては多くの情報番組や雑誌でも特集を組まれ、

取り上げられていますが、解決策は書かれていません。

でもこれまでと同じ方法で、はたして私たちは

花粉症の脅威に耐えられるのでしょうか?


ここに、殆ど知られていない「花粉症撃退」の方法が書かれています。

花粉症でお困りの方はチェックしてみることをオススメします。

→ http://changerion.info/k/fqramvM9
タグ:花粉症

大人のアトピー [アレルギー体質]

大人のアトピーは、子供と異なり環境要因のほうが大きいといわれています。

もちろん食物アレルギーが残る場合もありますが、環境要因の影響が多いようです。

アトピーの環境要因としては、ダニ・ハウスダスト・花粉・ペットの体毛・ホルムアルデヒドなどがあります。

子供のころにアトピーを発症して、大きくなって治りまたアトピーを再発で発症した場合、

難治性になりやすいと言われています。

アトピーの湿疹は、一般に紅班と呼ばれる赤い盛り上がったものが多く、

顔面、首、手足の間接部分に多く発症します。また、

苔癬化といって皮膚が厚くなる感じになることもあります。

これに加えて大人のアトピーの場合、痒疹という赤く丸く盛り上がった湿疹ができる場合があり、

これはステロイドや内服薬でもなかなか治らないようです。

また大人のアトピーの場合は苔癬化することが多いため、これも難治性であるようです。

大人のアトピーが治りにくいのは、主に原因が環境要因であるため

原因除去が難しいことからも難治性であるといえるでしょう。

特に皮膚のバリア機能がその人として完成しているため、なかなか治り難くなっているようです。

まずは、難しいのですが原因除去または減少にトライをして、アトピーの改善に取り組みましょう。

花粉症メガネと鼻うがい [花粉症]

花粉症の我慢できない症状の1つに目のかゆみがあります。

目がかゆくてかゆくて何をするにも集中できなくて、

いっそのこと目を取り出して洗いたいと思ったことがある人は少なくないでしょう。

そんな目のかゆみを少しでも和らげたいと思っているあなたにオススメなのが花粉症メガネです。

メガネをすると入ってくる花粉の量が減るので花粉症対策に効果があるといわれています。

以前は花粉症メガネというと花粉症対策のためにカッコ悪いけど

しぶしぶつけるという人が多かったのではないでしょうか。

しかし、最近の花粉症メガネは種類が豊富になり、おしゃれなものが多く販売されるようになりました。

花粉症メガネは通常のメガネタイプのもの、サングラスタイプのもの、ゴーグルタイプのものなどがあります。

色や形も実にさまざまな物があり、今や花粉症メガネは機能性だけでなく

ファッションに合わせたものを選べる時代になりました。

花粉症メガネで花粉症対策をしながらおしゃれも楽しんじゃいましょう。

花粉症の症状で目のかゆみと同じくらい我慢できない物に鼻のつまりや鼻水はあります。

そんな鼻症状対策として注目されていることに鼻うがいがあります。

鼻うがいとはその名の通り鼻でするうがいのことです。

鼻うがいをすることで鼻の奥にひそむ花粉を出し、花粉症の症状を和らげることができます。

最近は鼻うがいが注目されるようになり、鼻うがい用グッズがぞくぞくと登場しています。

鼻うがいグッズには携帯用の鼻うがいグッズ、ミントの香りが爽やかな鼻うがいグッズ、

鼻に入れても痛くない鼻うがいグッズなどがあります。

鼻うがいという言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

では実際にどうやったらいいのかご存知ですか?

ここで鼻うがいの方法をご紹介します。

・ まず生理食塩水を作ります。

・ 次にその生理食塩水をゆっくり片方の鼻から吸いこみ、口から出します。

生理食塩水を吸いこむ時のポイントは喉にグッと力を入れることです。

こうすることで生理食塩水をしっかりと吸い込むことができます。

・ 次にもう片方の鼻から生理食塩水を吸いこみ、口から出します。

これを数回繰り返すことで鼻の奥にひそむ花粉を洗い流すことができ、

花粉症の症状を軽くする効果が期待できます。

水道水はそのまま使用すると鼻の粘膜を刺激し悪影響がでるので

鼻うがいをするときは生理食塩水を使用しましょう。

花粉症は対策次第で症状を軽減することができます。

花粉症メガネをつけて、鼻うがいをすることであなたの花粉症の憂うつはだいぶ軽減されるはずです。

子供のアトピー [アレルギー体質]

子供のアトピーについては、幼少期と学童期の2つにわけられます。

幼少期の場合は、主に食物アレルギーが主因でありかつ皮膚が十分に発達していないため、

軽い痒みでも皮膚を掻き破ったりして重症のように見えることもあります。

食物アレルギーは、年齢と共に消えることも多く、それに伴いアトピーも軽くなることが多いようです。

また年齢が上がるに従って、皮膚も強くなってきますので自然に治ってくるようです。

しかし学童期になると、ダニやハウスダストなどのアレルギーが増えてきて、

アトピーの発生が見られることもあるようです。

アトピーは、幼少期から学童期に至る際に発症は多いのですがかなりの確立で直ることが」多いようです。

ただし、ダニやハウスダストのような環境要因でアレルギーが陽性になるようであれば、

大人のアトピーに近くなり、難治性にもなりかねませんから、対策を行うことが必要です。

子供のアトピーでの幼児性の場合は、母親の妊娠時期の食事も影響すると言われていますが、

確たる実証は無い状況のようです。

ともあれアトピーの体質は、継承しやすいようなので注意は必要ですが、過剰な対策は控えるべきでしょう。

逆に、妊娠期にストレスを減ずるほうがより効果が高いでしょう。

花粉症マスク [花粉症]

花粉が飛び始める季節になるとなんだか毎日が憂うつという人は多いのではないでしょうか。

鼻はむずむず、目は充血、くしゃみは止まらない、

そんな花粉症で悩む人の強い味方が花粉症対策グッズです。

あなたはどんな花粉症対策グッズを活用していますか?

花粉症対策グッズとしてまず浮かぶものといったらマスクでしょう。

花粉症の人が年々増え、花粉症はもはや国民病とも言われるほどになってしまいました。

花粉症に悩む人が手放せないグッズとしてあげられるマスクはどんどん進化し、

実にさまざまな種類のものが販売されています。

花粉症マスクは立体型のイーグルマスクと平面型のプリーツマスクが主流となっています。

イーグルマスクは立体型なので顔にうまく馴染み、

また立体型なので鼻や口を圧迫しないためマスクをした時に感じる息苦しさを感じることが

少ないという特徴があります。

プリーツマスクは伸び縮みするので顔全体を覆うことも顔の一部を覆うこともでき、

好みの大きさで自由に使うことができるという特徴があります。

花粉症マスクの素材は昔はガーゼマスクのものが多く見られましたが、

最近はガーゼよりも花粉をとらえるとして不織布マスクが注目を浴びています。

しかし、ガーゼマスクも何層にも重ねたスペシャルマスクが販売され

花粉をとらえるパワーが強力になってきています。

最近注目を浴びているマスクに濡れマスクがあります。

濡れマスク、ご存知ですか?

花粉症の人は鼻が詰まり口呼吸になりやすいため喉を痛めてしまう人がいます。

そんな人にオススメなのが濡れマスクです。

濡れマスクは保湿効果があるので着けることで鼻や喉の粘膜を保護してくれます。

また抗菌、防臭効果があるカテキンシート入りマスクも注目の花粉症マスクの1つです。

その他花粉症マスクにはカラフルで可愛いマスク、子供や女性用の小さいサイズのマスク、

香りつきのマスク、マイナスイオン効果のあるマスク、血流をよくする遠赤外線マスク、

抗菌成分のキトサンが入ったキトサンマスク、鼻通りを良くするメントールマスクなど

実にさまざまなものがあります。

あなたの顔にぴったりきて花粉をしっかりガードしてくれるマスクは花粉症の人の必須アイテムです。

その割にはあまり内容を選ばずに買う人も多いようです。

マスク1つで入ってくる花粉の量はだいぶ変わってきます。

たかがマスクと思わずに、ちょっといろいろなものをチェックして

あなたにピッタリくるマスクを見つけて花粉をがっちりガードしましょう。



花粉症になってしまったら [花粉症]

花粉症は一度なってしまうと治ることはほとんどないといわれています。

花粉症と上手く付き合っていけるかどうかは花粉症対策次第です。

花粉症対策の1つに抗アレルギー薬を花粉が飛び始める2週間ほど前から飲み始める方法があります。

抗アレルギーを飲んでおくことで花粉症の症状を軽減が期待できます。

その他の対策として次のようなことがあげられます。

・ 花粉症用マスクやゴーグル型のメガネ、帽子を着用しましょう。

・ 外出から帰ってきたら、衣服や髪、カバンなどの持ち物についた花粉をよく払いましょう。

・ 外出から帰ってきたら、うがい手洗いをしましょう。また、目や鼻も洗いましょう。

・ 服は花粉がつきにくいすべすべした生地のものを選びましょう。

・ よく晴れた日や風の強い日は外出を控えましょう。

・ 髪が長い人は花粉がつかないようにまとめ髪にしましょう。

・ 風の強い日や晴れている日は窓を開けっぱなしにしないようにしましょう。

・ 空気清浄機を置いて室内の空気をキレイにしておきましょう。

・ 掃除をこまめにして室内に花粉がたまらないようにしましょう。

掃除機だけでなくぬれた雑巾やモップなどで拭き掃除をすると室内の花粉をさらに減らすことができます。

・ 外に干した洗濯物や布団は取りこむ前に花粉をよく落としましょう。

花粉症は不規則な生活をすることで症状が悪化することがあります。

毎日の生活で次のことに気をつけるようにしましょう。

・ 適度な運動をしましょう。

 運動をすることで血行がよくなり鼻づまりが軽くなることが期待できます。

・ 十分な睡眠をとりましょう。

 疲れをためると免疫力が低下し花粉症の症状がひどくなる場合があります。

・ストレスをためないようにしましょう。

 ストレスがたまると免疫力が低下し、花粉症の症状がひどくなる場合があります。

・ バランスの良い食生活を心がけましょう。

偏った食生活は体に悪影響を及ぼし、花粉症の症状がひどくなる原因となります。

・ 刺激のある食べ物は避けましょう。

刺激物は鼻の粘膜を刺激します。

・ お酒を控えましょう。

お酒を飲むと血行が良くなり鼻づまりがひどくなる原因となります。

・ タバコを控えましょう。

タバコはのどや鼻の粘膜を刺激するため、花粉症の症状がひどくなる原因となります。

こんな日は花粉症が飛びやすいので注意しましょう。

・ 風が強く乾燥している日

・ 気温が高く晴れている日

・ 雨の日の翌日

花粉症は自分でできる対策もたくさんあります。

花粉症対策をして花粉症の時期を乗り切りましょう。

タグ:花粉症

アトピー 季節 [アレルギー体質]

アトピーと季節の関係は、かなりはっきりしています。

特にアトピー性皮膚炎が症状の主体であるため、

汗を掻く夏と乾燥する冬がアトピーの症状が激しくなるようす。

アトピーには、特に汗を掻き、ダニなどの発生が起こりやすい、清潔な肌を保ちづらい、

また強い紫外線を受けやすい夏が四季の中では、最も悪いようです。

また、春は花粉が非常に多いこと、職場や昇級などでの環境変化によるストレスなどもありますし、

最近では中国から来る黄砂もアトピーの原因だとする意見も最近出てきていますし、

環境としてはよくなく、気管支喘息も出やすい季節です。

アトピー患者として最も過ごしやすいのは、秋ではないでしょうか。

秋は、空気もきれいなことが多く湿気も適度ですし、多くの花粉が無い散る季節でもありません。

秋は気候もちょうどよいのではないでしょうか。

冬は、非常に乾燥しますので、アトピーの乾燥性肌にとってはより厳しくなりますし、

アトピー性気管支喘息も発症しやすい季節です。

四季の中では、アトピーは秋が一番でしょう。

季節とアトピーの関係は、かなりはっきりとあります。

従って、アトピーの症状であれば、季節に従って対策をしましょう。

特に夏は気管支喘息は発症はしにくいのですが、皮膚に対してはダメージがあります。対策しましょう。

花粉症対策食品 [花粉症]

花粉が飛ぶ季節になると、外出するのが憂うつになり、元気もなくなりがちなあなた。

花粉症でくしゃみや鼻水、目のかゆみがひどくて毎日が辛いあなた。

花粉症を軽減する効果がある甜茶やシソジュースを飲んで花粉症対策をしませんか?

花粉症対策として注目されている飲み物に

甜茶(てんちゃ)やシソジュース、シジュウム茶(グァバ茶)などがあります。

聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

甜茶の成分の1つである甜茶ポリフェノールが

花粉症の症状を起こす化学物質であるヒスタミンなどを抑えるといわれています。

しかし、どの甜茶にもポリフェノールが含まれているわけではないのをご存知ですか?

甜茶にはアカネ科、ユキノシタ科、ブナ科、バラ科などの種類あります。

いくつかある種類の中で、花粉症の症状の軽減に役立つとして注目されている甜茶は1つだけです。

それは甜茶ポリフェノールが含まれているのはバラ科の甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)の甜茶です。

甜茶を選ぶ時は注意しましょう。

シソも花粉症の症状を軽減するとして注目を浴びています。

シソに含まれるロズマリン酸はポリフェノールの一種で花粉症軽減をする働きがあります。

ロズマリン酸は甜茶ポリフェノールのように花粉症の症状を起こす

化学物質であるヒスタミンなどを抑える働きがあります。

このロズマリン酸は青ジソより赤ジソの方が多く含まれています。

ロズマリン酸はシソ科のハーブであるローズマリーやレモンバームにも多く含まれています。

シジュウム茶(グァバ茶)もまた花粉症対策飲料として注目を浴びています。

シジュウム茶にも花粉症の症状を起こす化学物質であるヒスタミンなどを抑える働きがあり、

花粉症の症状を軽減する効果がみられるといわれています。

シジュウム茶は花粉症の症状を軽減することが期待できますが

飲用を避けたほうがいい人もいるので注意が必要です。

シジュウムには鉄分の吸収を妨げる働きがあるので

貧血の人は鉄剤と一緒には飲まないようにしましょう。

妊婦はシジュウム茶を飲用することで流産の危険性がでてきますので飲用は避けましょう。

また、シジュウム茶は高血圧の人にはオススメですが、低血圧の人は飲用することを避けましょう。

花粉症でお悩みの人は甜茶、シソジュース、シジュウム茶、

ローズマリーティー、レモンバームティーなど飲んでみてはいかがですか?

効果を出すために、少なくとも花粉が飛び始める2週間ほど前には飲み始め、毎日飲むようにしましょう。

甜茶やシソ、ハーブなどの花粉症への効果には個人差がありますので、

必ず効果があるわけではありません。

また、甜茶やシソなどは薬ではありませんので、

花粉症の症状がひどく辛い時は医師に相談し適切な指示をうけましょう。

アトピー 花粉症 [アレルギー体質]

花粉症はご存知の通り、花粉を原因とするアレルギーです。

アトピーの人は、花粉症にかかる割合が高く非常に高くなります。

アトピーはアレルギーが原因とされますので、当然になりますが

花粉の舞う季節にアトピーが発症する場合は、

花粉アレルギーによるアトピーの可能性が高くなります。

花粉症アトピーの場合は、アトピー性皮膚炎と共に花粉症の症状が激しく現れることになります。

特に、涙目、眼の充血、眼のかゆみ、鼻水、鼻づまりなどと共に

眼の周りのかゆみ、鼻の下で湿疹がひどくなったりします。

花粉症の代表的なものはスギ花粉症ですが、

その他のイネ科やブタ草科などでの花粉症もあり、季節には関連は無いでしょう。

アトピーと花粉症が同時に起こることになりますので、大変な苦痛かと思いますが、

アトピーの原因が花粉症としてひとつ確定できることになりますので、

アトピーの対処が容易になります。

花粉症もアレルギーとしてなかなか直らないとも言われていますが、

アトピーは成長に従って改善される場合も多いともいわれます。

花粉症の季節は、アトピーと花粉症が同時に起こることになりますので

他なかなかつらいものがあるでしょうが、

アトピーの原因がはっきりしている場合は対処もやりやすいでしょう。

アトピー 眼 [アレルギー体質]

アトピーの症状としては、多くはアトピー性皮膚炎を発症しますが、

あまり聞かない症例として、白内障や網膜剥離・高眼圧があります。

アトピー発症の際にアレルギー性結膜炎を生じやすく、

眼が痒いため眼を掻いたり押さえたりなど動作の結果網膜剥離を起こしたりすることがあります。

また、子供のときからアトピーの場合、10〜20代で白内障を起こす場合があります。

これは、痒みのため眼をこすったりの物理的な刺激が原因ではないかといわれています。

また、アトピー性の網膜剥離も同様の物理刺激および顔面も痒みのため、

顔ををたたいたりの衝撃も原因とされます。

また、ステロイドは、アトピーの対症に非常に効果がありますが、

長期間使用すると、眼圧が高くなることがあります。

特にアトピー用ステロイドの点眼薬を長期使用すると、その傾向が強くなります。

アトピー性疾患による、眼の障害は、低年齢化・重症化しています。

診察の高度化により、発見が多くなったのかもしれませんが、

学童期や学生の場合が多いので学業や生活に支障をきたすことも考えられますので、

アトピーの子供の場合、眼科の受診・眼科精密検診をしておくべきでしょう。

眼は大切ですので重症化する前にぜひの受診・手当てをしておきましょう。

前の10件 | -
Copyright © アレルギー体質改善法 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。